800

Home日本の富士関西の富士播磨の富士|このページ

御津の小富士 (雛山)

標高  92 m


2011年11月16日(水)晴れ時々くもり 18℃

兵庫県 たつの市御津町
  

yama

御津の小富士の南、 朝臣より展望
品の良い小富士です

sanmyaku

御津山脈と名付けられた連山
(登山コースは西、中、東コースがあります)

公園付近には駐車スペースが無く、
中島から朝臣への道の路側帯に車を置き登りました

graf

iriguti

配水タンクへの道から進む

 車を止めたところは標高20mくらいですから山頂まで標高差は70mほどです。 10分で2号墳のある山頂に着きます。

tank

この配水タンクの工事で古墳が見つかったそうです

 話は変わりますが近江富士のある野洲では新幹線の工事で銅鐸が見つかった。 なんと1メートルもある日本一の大きな銅鐸です

dohyo

山頂への広い遊歩道が整備されています

santyo

山頂

hokora

 城址と説明板が立っていますが山頂は大きな岩がゴロゴロしておりどこに城が建っていたのだろうか
今は石作りの祠がぼつんと置かれています

 周りの展望は申し分ない北西には御津富士と呼ばれている碇岩北山が大きな山容で望めます。

tenbo

御津の小富士からの御津富士(碇岩北山)

tenbo

東の展望、明石海峡大橋が見えたそうですが私には見えなかった

koyo

ハゼが赤く色づいていました

renzan

御津富士より御津の小富士を遠望
(中央奥の小ピークが小富士)

ページの先頭へ戻る


menu5fujibanner1

Home日本の富士関西の富士播磨の富士|このページ

800