Home >> 散文 >> このページ


人生達観


ある新聞に載っていました

人生達観する94歳の気持ち

  「散る桜 残る桜も 散る桜」
死は人間平等の極致自在2月に94歳の大台になった、感無量だ
知人や老人会の同輩が、次から次へとあの世へ旅立つ
身も心もさびしい

  しかしこのことは当たり前のことで、老いての死は逃れられない現実だ
最愛の妻を3年前に亡くしている私だが、一日は容赦なく過ぎていく
考えても考えなくても

  ではどうすれは良いか
凡人たる者、

少しでも気持ちを楽しくして健康で暮らす

しか方法はない

 結論、人生とはそういうものか
達観人生の日が続く


Home >> 散文 >> このページ