Home >> 散文 >> このページ


がんを撃退する食事術8か条

JAF誌より引用

四足歩行動物(牛や豚など)の肉は控えていただきたい。 動物性たんぱく質や脂肪は、人間の身体では代謝されにくく、体内にカスが生じます。
これが発がん物質と結びついてがんの発生を高めます。

睡眠時間を7〜8時間とる、お風呂や軽い運動で身体を温めるといったことを心がける。

塩分の摂り過ぎはミネラルバランスを崩す。
 

  1. 塩分は1日4〜5gまで

  2. は鶏のささみや皮なし胸肉を週2回、鶏卵は1日1個まで。
    魚は赤みを避け、白身か鮭を1日1回まで

  3. 玄米、大豆を食べよう1日1回は玄米か胚芽米を
    豆腐は1日1丁、その他大豆製品を摂る。

  4. 新鮮な野菜、果物を4、5種類組み合わせ、
    皮つきのままジューサーで生ジュースにして飲む。
    がんの場合は1日1.5リットル、予防には300ml。

  5. 乳酸菌、海藻、きのこをたっぷり摂る。
    ヨーグルトは1日300ml以上。

  6. 1日にレモン2個、蜂蜜大さじ2杯、ビール酵母を摂る。

  7. 食用油は熱で酸化しにくいオリーブ油、ごま油を活用する。

  8. 飲み水は安全な自然の水、ナチュラルミネラルウオーターを
    1日1〜2リットル飲む。


Home >> 散文 >> このページ