Home >> 高山 >> このページ


雲 の 平

黒部源流部の高地平原−雲の平を歩く

2007年07月30日(月)〜08月03日(金) 

コバイケイソウの群生と雲の平山荘(東方より)

祖父岳山頂より雲の平を望む
(後ろ右は薬師岳、左は太郎平)

30日(月) 大阪三番街 富山地鉄高速バス(16:20) → (21:30)富山駅 富山タウンホテル 一泊
31日(火) 電鉄富山(05:44) →電車→ (06:19)有峰口駅(06:25) →バス→ (07:30)折立(07:30) → (12:30)太郎平小屋(13:10) → (16:15)薬師沢小屋  一泊
1日(水) 薬師沢小屋(06:00) →(10:00)雲の平山荘(10:45)→(12:30)祖父岳(12:55)→(15:05)黒部源流 (15:05)→(15:50)三俣山荘 一泊
2日(木) 三俣山荘(06:00) →(07:00)三俣蓮華岳(07:15) →(08:45)双六岳(08:55) →(10:15)双六小屋(10:20)→(12:45)鏡平小屋(13:30) →(14:10)シシウド(14:15) →(17:30)新穂高BT(17:55) →バス→平湯温泉(栄太郎) 一泊
3日(金) 平湯温泉(08:35) →バス→ (09:32)高山(10:31)→青春18切符→(13:13)美濃太田(13:31)→(14:09)岐阜(14:23)→(14:34)大垣(14:39)→(15:14)米原(15:21)→(16:43)大阪

 

 台風5号が週末に接近とのことで、計画では高天原の露天風呂に入る予定だったがこれを中止した。
秘境の温泉に入浴も魅力的ではあるがカットしたことにより、ゆつくり雲の平を満喫できて正解であった。

 足と腰まで爆弾をかかえているので身軽にと、ザックの中身も最低限重量10kg未満におさえたので小屋泊まり、弁当も持たず山荘での食事に頼ることとなった。

憧れの雲の平、お天気にめぐまれる

折立登山口
ホトトギスの鳴き声でお出迎え

木道がつづく・・・もう少しで太郎兵衛平
少しの霧も晴れ上がる青空、剱も見える

太郎平小屋は大賑わい(昼食はここ)
薬師岳が目の前に雄大な姿

薬師沢小屋と吊橋(足もとスカスカ)
ほぼ定員の客ー一畳に二人寝る

雲の平 アラスカ庭園
風が一時強く帽子も飛ぶ

雲の平 奥日本庭園
岩と這松にチングルマ

雲の平 ギリシャ庭園(尾瀬と同じ、木道)
山上の楽園、ほとんどひとけなし

雲の平 スイス庭園(正面は水晶岳)
雲の平山荘で辛口カレーを

祖父岳(ジイダケ)への雪渓
今年は残雪が多い

ワリモ岳(横目で通過)
黒部源流はスノーブリッジで通行止め

鷲羽岳(この山もパス)
疲れている、登りたいのは山々だけど

赤牛岳(見るだけ)
赤い岩肌

水晶岳(見るだけ)

薬師岳(登りたいな)

三俣山荘と槍ヶ岳

黒部五郎岳

朝日に染まる三俣蓮華岳と満月

夕陽に染まる槍ヶ岳

(左北鎌尾根、右西鎌尾根)

三俣山荘にて

双六岳
山頂では霧に巻かれたが、すぐ晴れ上がる

雷鳥♂(2つがい目視)
メスは登山道の砂で砂浴び中

小池新道(並べた石は1万個?)

鏡池と槍、穂高

南のパノラマを見る(ここをクリック)

三俣蓮華のパノラマを見る(ここをクリック)

喜び

 三俣蓮華岳から双六岳の稜線歩きは霧雨に遭うが、その2時間を除けば、快晴の真夏の青空が広がっていた。
どちらを向いても北アルプスの壮大な山々のパノラマが展開している。
天気のあまり良くない時姿を現わす雷鳥が霧雨に遭った双六岳のお花畑で散歩していた。

 ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、エンレイソウ、タテヤマリンドウ、ハクサンチドリ、黒百合、 ハクサンフウロ、チングルマ、シナノキンバイ、ミヤマキンポーゲなど花いつぱい  (^○^)

苦闘

 1日目、折立から1時間くらいで右足つま先がつって立ち止まる。
靴を脱ぎ15分くらい休むと回復してきた。
つま先を曲げれば痛いのでかかと着地で歩き始める。


 いやな予感が当たってしまったがゆっくり歩いて慣らすしか方法が無い、太郎平に着く頃には幸いなことにだんだんと足も山歩きになじんできた。

 3日目、鏡平からの1000mの下りは全くのスローペース、わさび平小屋付近のアスファルト道では膝が痛くてまともに歩けない。
ズリズリすり足で歩く羽目になってしまう。

ツマトリソウ




カラマツソウ

ハクサンフウロ


ナナカマド


キヌガサソウ


エンレイソウ


アオノツガザクラ

アカモノ


コオニユリ



クロユリ


シヤクナゲ


イワギキョウ


ミズバショウ


ゴゼンタチバナ



タテヤマリンドウ


ニッコウキスゲ


チングルマ


 ウサギギク


チングルマ


ハクサンシチゲ


コバイケイソウ

資料

「三俣山荘撤去問題」について

 富山地鉄バス 076-433-4890 片道 5200円
 薬師沢小屋 076-491-3030  一泊二食 8400円
 雲の平山荘 カレーライス 1000円
 三俣山荘  090-4672-8108 一泊二食 8900円
 双六小屋  0577-34-6268
 濃飛バス  0577-32-1688 新穂高−平湯  660円  平湯−高山  1350円
 太郎平小屋 080-1951-3030 カレーライス 800円
 鏡平小屋  カレーライス 700円
 富山タウンホテル 076-439-4600 (素泊まり 3900円)
 平湯温泉栄太郎 0578-89-2540 (素泊まり 5000円)


快晴に 恵まれすぎて

 大やけど


Home >> 高山 >> このページ